おはようございます!!

たまには試験的な内容にしてみようと思った澤野です。

社内的には試験員の資格も持ってます(*^^)v

 

相変わらず寒い日が続き、都内では大雪が降り大騒ぎになっていますね。

山形では大したことない量の雪でも、普段降らない所では大変です。

除雪とかタイヤとか、備えも何もないですからね💦

 

生コンについても同じなのかもしれませんね。

暖かい地域では、どのように養生しているんでしょうかね?必要ないんですかね?

 

当然この寒さは、生コンの初期強度にも影響してきます。

現場での受け入れ試験でテストピースを採取しますが、

その時、型枠脱型用の確認でテストピースを取ることがあります。

5Nの強度を確認するために採取するのですが、この時期は5Nの強度が出るのに3日ほどかかります。

夏場だと翌日には出る強度が、寒いこの時期ではどうしても3日は必要です。

こればっかりはどうしようもありません。

早く強度を出したいなら、早強セメントや防凍剤(効果促進効果があるので)をおススメします!

 

冬は寒さ対策に何かと時間とお金がかかる時期ですね(´;ω;`)